スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノの歴史♪

1790年から1860年頃にかけての時期に、ピアノはモーツァルトの時代の楽器から、いわゆるモダンピアノに至る劇的な変化を遂げる。この革新は、作曲家や演奏家からのより力強く、持続性の高い響きの尽きぬ要求への反応であり、また、高品質の弦を用いることができ、正確な鋳造技術により鉄製フレームを作ることができるようになるといった、同時代の産業革命によって可能となったことであった。時代を追って、ピアノの音域も拡大し、モーツァルトの時代には5オクターヴであったものが、モダンピアノでは7⅓オクターヴか時にはそれ以上の音域を持っている。

初期の技術革新の多くは、イギリスのブロードウッド社の工房でなされた。ブロードウッド社は、華やかで力強い響きのチェンバロですでに有名であったが、開発を重ねて次第に大型で、音量が大きく、より頑丈な楽器を製作し、初めて5オクターヴを越える音域のピアノを製作した。1790年代には5オクターヴと5度、1810年には6オクターヴの楽器を作っている。フランツ・ヨーゼフ・ハイドンとルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンにも楽器を送っており、ベートーヴェンはその後期の作品で、拡大した音域を利用して作曲している。ウィーンスクールの製作家たちもこの音域拡大の流れを追ったが、イギリスとウィーンではアクションの構造が違っていた。ブロードウッドのものはより頑丈で、ウィーンのものはより打鍵への反応がよかった。

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、サウンド再生のヒントをご覧ください。
1820年代になると、開発の中心はパリに移り、当地のエラール社の楽器はフレデリック・ショパンやフランツ・リストの愛用するところとなった。1821年、セバスティアン・エラールは、ダブル・エスケープメント・アクションを開発し、鍵が上がり切っていないところから連打できるようになる。この発明によって、素早いパッセージの演奏が容易となった。ダブル・エスケープメント・アクションの機構が公に明らかになると、アンリ・エルツの改良を経て、グランドピアノの標準的なアクションとなり、今日生産されているグランドピアノは基本的にこのアクションを採用している。
日本にフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトによって初めてピアノがもたらされたのもこの時期である。山口県萩市の熊谷美術館にはシーボルトより贈られた日本最古のピアノが現存する。


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
プロフィール

solarepiano

Author:solarepiano
ピアノ‐ソラーレ
ピアノを追求したい。 ピアノを学ぶなら、有楽町線小竹向原駅徒歩1分・西武池袋線江古田駅・桜台駅徒歩1分。
全部池袋駅から10分以内で通える音楽教室「音楽教室ソラーレ」で♪
巨大ターミナル池袋駅から、地下鉄(東京メトロ)有楽町線で3駅、西武池袋線で3駅・4駅。
有楽町線小竹向原駅から徒歩1分の「音楽教室ソラーレ板橋校」と西武池袋線の江古田駅から徒歩3分の「音楽教室ソラーレ江古田校」、西武池袋線の桜台駅から徒歩1分の「音楽教室ソラーレ練馬桜台校」。
音楽教室ソラーレ」では、マンツーマンのレッスンでピアノを基礎から学ぶ事が出来ます。
ちょっとした趣味から、もっと上手に弾けるようになりたい!!音大へ行きたい!!という方まで。
それぞれのニーズに合ったレッスンを提供いたします。

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。